整骨院が行う治療の種類について

痛みの管理で最も心配な傾向は、持続的な項部硬直、膝の痛み、腰痛などの急性または慢性の痛みに苦しむ人々の大多数が市販の痛みの緩和に目を向けているという事実です。しかし、最近のFDAのリリースでは、聴覚障害、肝不全、胃潰瘍などの潜在的な重篤な合併症の結果として、OTCの誤用と過剰摂取に対して厳格な警告が発せられました。

安全な慢性疼痛治療

2016年、FDAは、激しい痛みの最後の手段としてオピオイドの使用を強調しました。OTC鎮痛薬の有害な影響に代わるものとして、FDAは代わりにエルコニアからの低レベルレーザーを推奨しています。この治療法は、術後の痛み、慢性的な首の痛み、肩の痛み、プランター筋膜炎に関連する踵の痛みの治療における安全性と有効性について、FDAによって承認されています。

低レベルレーザー治療

コールドレーザー治療または光生体変調としても知られている低レベルレーザー治療(LLLT)は、身体への光の治療的応用です。この治療中、光源が皮膚の上または近くに配置され、光子が組織を通って移動して体細胞と相互作用できるようにします。

一般的な高出力レーザーの代わりに、低レベルレーザー、ブロードバンド、およびLEDが、赤色から近赤外光の放出に使用されます。低出力の光は熱を発生しないため、治療中に肌が火傷することはありません。応答として、細胞内の光化学的変化は、痛みの管理、炎症の軽減、創傷治癒の促進、組織の再生に役立ちます。

痛みを和らげるために低レベルレーザーをどのように使用するか
コールドレーザーは、靭帯、軟骨、神経、筋肉を含むすべての体細胞の刺激に非常に効果的です。植物の光合成と同じように働き、体に吸収され、細胞内の光に敏感な成分と瞬時に接触します。次に、光がミトコンドリアを刺激し、細胞がATPを生成するようにトリガーします。邪魔にならない手順なので、地元のクリニックで行うことができます。この治療法では、回復時間は必要なく、副作用もありません。

エルコニアレーザー治療は、さまざまな整形外科および神経因性疼痛に使用できます。また、アスリートの痛みの管理にも非常に効果的であることがわかっています。痛みの管理に非常に効果的である理由は、皮膚の表面近くにある痛みの受容体と侵害受容器の神経終末を刺激するためであると考えられています。

これは新しい治療法ですが、多大な効果があり、より優れた結果が期待できます。ただし、すべての患者にとって最良の選択肢ではないことに注意してください。たとえば、妊娠中の女性は、胎児の発育を妨げる可能性があるため、この方法の使用は許可されていません。慢性的な痛みに苦しんでいる場合は、かかりつけ医または医療専門家に相談して、この方法が効果的かどうかを確認してください。この様にいくつかの方法が整骨院では行ったりします。これらとは別ではありますが、似た施術などで症状へ対処してくれる八幡東区 整骨院もあります。